主なサービスLineup

各種防水

【ウレタン塗膜防水】

通気緩衝工法

下地含水率が高いと予測できる場所や、下地挙動が大きく、ひび割れが発生しやすいケースに最適です。

tuuki.jpg

密着工法

下地水分の影響が少ないと予測される場所に適しています。多目的に利用できます。

mittyaku.png

 

【アスファルト防水】

かぶせ工法

既設防水層がアスファルトの場合にかぶせ工法が最適です。
自着式とトーチバーナー式があります。

kabuse.jpg

 

【塩ビシート塗膜防水】

機械固定法

kikai.jpg

接着工法

settyaku.png

 

【改修工事で使用される主な防水】

防水種別 防水工法 特徴
アスファルト防水 改質アスファルト防水
トーチ工法
合成繊維不織布と改質アスファルトを合わせて作られたルーフィングをトーチバーナーで熱融着し水密性の高い防水層を形成する工法です。仕上げとして専用の保護塗料(トップコート)を塗布します。
改質アスファルト防水
常温粘着工法(冷工法)
合成繊維不織布と改質アスファルトを合わせて作られたルーフィングを粘着層で貼り合わせ防水層を形成する工法です。仕上げとして専用の保護塗料(トップコート)を塗布します。
シート防水 ゴムシート防水 接着工法 加硫ゴムシートを接着剤で下地に貼り合わせて防水層を形成する工法です。仕上げとして専用の保護塗料(トップコート)を塗布します。
機械固定工法

加硫ゴムシートを接着剤や固定金具を用いて防水層を形成・固定する工法です。仕上げとして専用の保護塗料(トップコート)を塗布します。

塩ビシート防水 密着工法 塩化ビニル樹脂を主原料としたシートを接着剤を用いて貼り合わせて防水層を形成する工法です。
機械固定工法 塩化ビニル樹脂を主原料としたシートを接着剤や固定金具を用いて防水層を形成・固定する工法です。
塗膜防水 ウレタン塗膜防水 密着工法 液状のウレタン樹脂などの高分子材料を下地に塗布し、防水層を形成する工法です。仕上げとして専用の保護塗料(トップコート)を塗布します。
空気緩衝工法
(絶縁工法)
液状のウレタン樹脂などの高分子材料を下地に密着させずに下地と新たな防水層に通気層を確保する工法です。
アクリルゴム系塗膜防水 液状のアクリル樹脂などの高分子材料を下地に塗布し、防水層を形成する工法です。紫外線からの保護や滑り防止などの目的に応じて専用の保護塗料(トップコート)を塗布して仕上げる工法です。
ポリマーセメント系塗膜防水 水性樹脂エマルジョンと無機粉体を混合したものを下地に塗布し防水層を形成する工法です。

Page Top

愛知県西春日井郡豊山町大字豊場字若宮53番地

0120-362-249

copyright (c) WATANABEKENTO Co.,Ltd. All Rights Reserved.