マンション大規模修繕Business

快適なマンションライフと、建物の資産価値を長期間維持していくためには、大規模修繕などの計画的なメンテナンスやリニューアルによる住宅性能の維持回復が大切なポイントとなります。
建物・設備の調査診断から施工・お引渡しまで、豊富な経験と確かな技術を活かし、きめ細やかな対応をいたします。

01.jpg

02.jpg

03.jpg

04.jpg

05.jpg

06.jpg

07.jpg

08.jpg

こんな現象を見かけませんか

マンション(共用部分)の主な劣化チェック個所を図にまとめてみました 

外壁の欠損

①鉄筋の露出を伴うもの
外壁面のひび割れや、塗膜の剥離箇所から侵入した雨水や空気中の炭酸ガスの影響により、コンクリート内の鉄筋が腐食・膨張して、周囲のコンクリートを破壊した結果、従来内部にあった鉄筋が露出する劣化現象です。美観を損ね、更に劣化を進行させるだけでなく高層階においてはコンクリート塊の落下など、危険も伴いますので、本症状については比較的緊急の対応が必要になります。

屋上防水の劣化

マンションの屋上における防水皮膜の劣化。

排水ドレンのつまり

ひび割れ

コンクリートの収縮や建物全体の挙動から、建物の壁面には、経時的にひび割れが発生します。特に外壁のひび割れについては、下地への雨水の浸入の原因になりますので注意が必要です。

塗膜の劣化

壁面に塗装された「塗膜」は新築時から外部環境にさらされることにより、様々な劣化が進行していきます。
①塗膜表面の色あせ・光沢低下
紫外線の影響などにより、塗膜が従来持っていた光沢が低下したり、色が褪せたりします。当初保っていた建物全体の美観を損ねる要因のひとつになります。
②塗膜表面のチョーキング(白亜化)
紫外線の作用により、塗膜が分解され弱っていますので、耐候性が衰え、建物の保護機能が低下していますので、塗り替えによる塗膜性能の復旧が必要になってまいります。

コンクリートの欠損

鉄部の劣化 手すり根元部の欠損

マンションにおける鉄部の錆の発生がよく見られます。これらの対策としては、その程度に応じた工具により、発生している錆を完全に落とし、その上で錆止め塗装→仕上げ塗装の工程が必要になります。発生している錆の程度が著しく、腐食や穴空きなど、基材の強度そのものに影響を及ぼす場合には、撤去→溶接などの工法も採用されます。

鉄部の劣化

マンションにおける鉄部の錆の発生がよく見られます。これらの対策としては、その程度に応じた工具により、発生している錆を完全に落とし、その上で錆止め 塗装→仕上げ塗装の工程が必要になります。発生している錆の程度が著しく、腐食や穴空きなど、基材の強度そのものに影響を及ぼす場合には、撤去→溶接など の工法も採用されます。


Page Top

愛知県西春日井郡豊山町大字豊場字若宮53番地

0120-362-249

copyright (c) WATANABEKENTO Co.,Ltd. All Rights Reserved.